2019 Spring Summer 1st Collection

SHOP STAFF AROUND

日々店頭に立ち、FRAY I.Dの顔として働くショップスタッフたちをフォーカス。
スタイリストにヘアメイクアップアーティスト、フォトグラファー。
ファッション業界の最前線で活躍するベテランスタッフの手を借りて、変身を遂げた彼女たちがSSの新作をまとって登場。
さらに今回は、スタイリスト金子綾さんとヘアメイク菊地美香子さんによるスペシャルタッグ!

2

4

Saki Kojima

児島咲 (166cm)
藤井大丸店

URBAN SAFARI.

グレーにベージュ。あえてコントラストをつけず、上下ニュートラルカラーで合わせたタンクトップとチノパン。
そこに都会的なムードの小物を足して“アーバンサファリ”を意識したスタイルに。メンズライクでどこか武骨な印象のチノパンには、トップスで女らしさを添えるのが肝心。
アメスリかつ背中あきのデザインがきいたこのタンクは、まさにジャストな一枚です。また、全体のバランスを調整するキー小物として外せないのがスカーフ。
シンプルな服に存在感を出したり、甘めの服を大人っぽく見せたりと使い勝手抜群。差し色感覚で気負わずにトライしたい。

Knit tops ¥9,600+tax, Pants ¥18,000+tax, Shoes ¥18,500+tax, Bag ¥21,000+tax, Scarf ¥10,400+tax

GROWN-UP CASUAL.

カジュアルの基本ともいえるデニムパンツ。ロング丈の羽織りをプラスすると、比較的大人っぽいムードで着られます。インするトップスはTシャツやタンクトップでもいいけれど、ボーイッシュに寄りすぎて幼く見えてしまったり、どうも単調で面白みのない仕上がりに。そこで選びたいのがハイネックのノースリ。ハイネックならではのストイックな印象がモード感につながり、洒落た雰囲気を演出。

Knit tops ¥9,200+tax, Pants ¥17,200+tax, Dress ¥21,000+tax,
Bag ¥13,000+tax, Pierced earrings ¥4,800+tax

PLAYFUL PLAID.

同柄のシャツとスカートをセットアップで着た、チェック柄ドレスのような装い。今季のチェックはこのくらい大胆に、面積多めに取り入れるのが気分です。シャツの襟元は後ろに抜き、袖をたくし上げたら、裾は無造作にウエストイン。着方でニュアンスを出すひと手間を忘れずに。あとは足元。チェックはそもそもトラディショナルな柄ゆえに、合わせ方によってはレトロに転びがち。まずはボリューム感のある厚底サンダルで脱・コンサバ。さらに、こんな感じのパイソン柄やヒョウ柄といったアグレッシブなアニマル柄の力を借りて、今年らしくモダンに味つけ。

Shirt ¥19,000+tax, Skirt ¥23,000+tax, Shoes ¥18,000+tax

[STAFF]
Photography : Satoshi Kuronuma [aosora] / Styling : Aya Kaneko /
Hair & Make-up : Mikako Kikuchi [TRON] / Edit & Text : Nao Manita [BIEI]

All Items