2019 Spring Summer 1st Collection

SHOP STAFF AROUND

日々店頭に立ち、FRAY I.Dの顔として働くショップスタッフたちをフォーカス。
スタイリストにヘアメイクアップアーティスト、フォトグラファー。
ファッション業界の最先端で活躍するベテランスタッフの手を借りて、変身を遂げた彼女たちがSSの新作をまとって登場。
さらに今回は、スタイリスト安西こずえさんとヘアメイク菊地美香子さんのタッグが実現!

3

4

Marina Sudo

須藤鞠菜 (160cm)
表参道ヒルズ店

EFFORTLESS FRENCH.

鮮やかな赤ベースでありながら大人でも抵抗なく取り入れられるのは、白抜き&小ぶりな柄のさらりとしたムードあってこそ。
小花柄と思いきや、よく見るとリーフ柄のようにも見える。そんな甘さを抑えたさりげないアプローチも心に響きます。この手のさっぱりしたテンションの総柄ドレスは、飾り立てずにあえて力を抜く合わせ方がベター。ニュートラルカラーのワーク調ブルゾンをゆるっと羽織り、黒のキャップをON。軽めのアウターや小物の投入でさりげなくカジュアル感をプラスし、肩の力が抜けた大人のフレンチテイストに仕上げたい。

Blouson ¥22,000+tax, Dress ¥23,000+tax, Bag ¥5,600+tax, Cap (FRAY I.D x Champion) ¥4,600+tax, Earrings ¥5,600+tax

MOOD FOR ONE-TONE.

肩~袖にかけてのシャーリングと絶妙な開き具合のVネック、ハイウエストのペプラム切り替え。計算ずくのデザインで着やせが叶う実力派ブラウスに、ゆるやかなフレアシルエットの美脚リブパンツ。ベージュとブラウンで上下の色のベースを合わせつつ、濃淡やトーンでさりげなく差をつける。さらに、それぞれの素材感でもコントラストをつける。そうすることで見え方に強弱、いわばメリハリを持たせるのが“ワントーンコーデ”の成功のカギ。スカーフや大ぶりのイヤリング、ビッグサイズのバッグといったトレンド小物で旬を取り入れ完成度を高めて。

Blouse ¥13,500+tax, Knit pants ¥12,000+tax, Shoes ¥18,500+tax,
Bag ¥21,000+tax, Scarf ¥10,400+tax, Earrings ¥7,400+tax

DRAMATIC DOTS.

一見ポップに思えるドット柄だけれど、実際着てみると思ったよりも派手に見えにくく、使い勝手も上々。一方で、意外とコンサバな印象に映る場合も。
だからこそ、合わせるアイテムで強さや大胆さをチャージ。アメスリかつ背中の深いカッティングで前後ともに目を引くこのタンクは、まさに打ってつけの一枚。
ラメ糸がMIXされた素材ゆえに、アグレッシブなバックスタイルも上品かつエレガントな雰囲気に。ベルトやデザイン性の高いバッグ、差し色感覚で足したパープルのパンプスなど、主張のある小物をトッピングして装いにリズム感を。

Knit tops ¥9,600+tax, Skirt ¥12,200+tax, Shoes ¥21,000+tax, Bag ¥19,000+tax, Belt ¥15,000+tax
Pierced earrings ¥8,400+tax, Necklace ¥5,500+tax,

[STAFF]
Photography : Satoshi Kuronuma [aosora] / Styling : Kozue Anzai /
Hair & Make-up : Mikako Kikuchi [TRON] / Edit & Text : Nao Manita [BIEI]

All Items