2019 Spring Summer 2nd Collectionthe perfect choice
for MIX & MATCH

大人にちょうどいい、絶妙なさじ加減で今っぽさを反映させているからこそ、気負いなく着られてイージーに着まわせる。
手持ちのアイテムにもすっとなじむから、日々のおしゃれのモチベーションも上がる。
そんな、本当の意味での“使えるトレンド服”を厳選しました。

IN CASE OF SET-UP

小花柄に見えて、実はレオパードを思わせるシックなドットプリント。
ゆえに、セットアップで着ても甘くなりすぎないのがいい。小物を黒でまとめることで、ぐっとモダンな仕上がりに。

深めのVネックや胸下切り替えによる立体感、絶妙なラインに仕上げた袖。上半身を女らしくしなやかに見せるこだわり満載のブラウスには、ハンサムなワイドパンツがしっくりくる。

ハイウエストで膝が隠れるミドル丈。今の気分にジャストなフレアスカートは、肌感多めのトップスも品よく見せる有能ぶり。サンタンカラー×グリーンの洒落た配色にも注目して。

IN CASE OF SCALLOP NECK KNIT

スカラップカットになった、ひとクセありのネックラインが特別感をもたらすノースリニット。さらりとデニムを合わせる。それだけで、ただのシンプルとは一線を画す、こなれたムードが実現。

ぴたっとしすぎないサイジングと適度に厚みのある素材感で、身体のラインを拾いにくいのも強み。ロングスカートとのカジュアルな着こなしも、スカラップニットなら大人の品格をキープ。

IN CASE OF LINEN SKIRT

広がりすぎないナローなシルエットが、ふとした仕草や佇まいをぐっと大人に見せてくれるフレアスカート。パッと目を引くカラーを、今シーズンはリネン特有のマットな質感で着たい気分。

トップスをラフにアウトしても、こなれたバランスに着こなせるのがこのスカートの魅力のひとつ。エレガントなオーキッドピンク×ダークブラウンのシックな配色は今すぐ実践したい。

[STAFF]
Photography: Gen Saito [ACUSYU] / Styling : Chisato Takagi / Hair & Make-up : Mai Ozawa [mod’s hair]
Model : Sofia Fanego [UMM] / Edit & Text : Nao Manita [BIEI]