「私も、働く30代」プレス三谷麗子が考える

今の自分をつくる
大人の名品リスト
vol.2

好きな服や似合うテイストを見極めながら、自分らしいおしゃれ観を確立している30代。
忙しい毎日の洋服選びには、気品を備えながら今っぽさを感じさせるアイテムが欲しいところ。
そこで、プレス三谷麗子が、ワードローブに加えるべき、今の自分をつくる「名品」をご紹介。

名品 4

スタイルアップが叶うモードな
「リブニットワンピース」

「一枚で、女性らしさが引き立つ定番のニットワンピース。体に沿ったシルエットがベースながら、シャープに魅せるポイントを抑えた、こだわりのディテールが人気の理由です。」

「立体感のあるストライプは、縦のラインを強調するのでシルエットを綺麗に見せてくれる効果が期待できます。更に、ウエストのリブ切り替えで腰高に見えるのも魅力の1つ。ベージュとブラックのシックな色合いが落ち着いた印象なので、普段着としても取り入れやすく華やかなシーンなど活躍の場が広がります。」

名品 5

シーン問わず頼れる
「タフタスカート」

「デザイン性の高いスカートは、シンプルなトップスに合わせるだけで旬顔が完成する、私のワードローブに欠かせない万能アイテム。中でも、タフタスカートはFRAY I.Dで定評のあるデザインなので新作を心待ちにしている方も多いのでは?」

「シャーリングをアシンメトリーに配した、構築的なシルエットが華やかな印象に。カジュアルからきちんと感を求められる場まで、TPOに合わせて幅広く使えるデザインです。今回は滑らかな肌触りのカットソーをワントーンで合わせ、品を感じさせる大人のリラックススタイルにまとめました。」

名品 6

春の羽織にちょうど良い
「サテンジャケット」

「年々実用性が高まるジャケットは、毎シーズン買い足しているマストアイテム。今季、コレクションに加えたいのは、女性らしさと洗練さは保ちつつ、目新しさを感じられる一着です。」

「このサテンジャケットは、ヒップが半分隠れるくらいの長め丈。スタイリングのバランスが取りやすく、テイスト問わずサマになる絶妙な丈がお気に入りです。見た目のきちんと感が出せるのにカーディガンの様にさらっと羽織れる柔らかさが普段使いしやすい。一見上級者に見える光沢素材は、今回のようなシアーなニットやレースドレスに合わせれば、程よく甘さを調和したスタイリングに仕上がります。」

[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY] Videography : Tomoyuki Koja [PEACE MONKEY] Styling : Chisato Takagi Hair & Make-up : Kokoro Yusa [PEACE MONKEY] Composition & Text : Miyuki Matsui
[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY] Styling : Chisato Takagi Videography : Tomoyuki Koja [PEACE MONKEY]
Hair & Make-up : Kokoro Yusa [PEACE MONKEY] Composition & Text : Miyuki Matsui