「私も、働く30代」プレス三谷麗子が考える

今の自分をつくる
大人の名品リスト

vol.4

好きな服や似合うテイストを見極めながら、自分らしいおしゃれ観を確立している30代。
忙しい毎日の洋服選びには、気品を備えながら今っぽさを感じさせるアイテムが欲しいところ。
そこで、プレス三谷麗子が、ワードローブに加えるべき、今の自分をつくる「名品」をご紹介。

名品 10

2枚目トレンチで選ぶ

「シアートレンチコート」

「vol.3で、定番になりつつあるトレンチコートについてお話しましたが、今回ご紹介するアイテムもその1つ。トレンド要素でもあるシアー素材を用いて、柔らかな風合いに仕立てた、羽織るだけでこなれ感が増すトレンチコートです。定番のトレンチ型がベースなので、大人の女性に必要なきちんと感もしっかりと備わっています。シアートレンチと聞くと難易度が高いと躊躇する方も居ると思いますが、透け素材による軽やかさと落ち感で、トレンチ特有のミリタリー感が調和され女らしさが加速します。」

「今回のような、カラー同士のコーディネートも今季は断然オススメ。くすみの効いたトーンで合わせる事で、洒落た雰囲気を纏えます。さらに、アイテムの一つにツヤ素材を取り入れると、それぞれのカラーが引き立ち、メリハリのあるスタイルに。シャツワンピースのような感覚で着られるので、インナーとの組み合わせで様々な着こなしが楽しめます。」

名品 11

モードな背中見せで艶感を出す

「バックツイストワンピース」

「清潔感があり誠実な印象を与える白シャツ。大人は特に味方につけておきたいもの。私も30代に入った頃から、抜け感のある白シャツに惹かれるようになりました。かっちりとしたオーソドックスなデザインも好きですが、大人だからこそ色気を感じられるポイントも重要。」

「このシャツワンピースは大胆な肌見せプラス、ツイストデザインをあしらったバックスタイルが印象的。前後差をつけた裾にサイドスリットを入れることで、美しい動きが出るのも嬉しいですね。今回はロングスカートを合わせて、リゾート感のある雰囲気にコーディネートしました。インパクトのあるペイズリー柄で遊びを足し、サンダルのカラーで抜け感を意識。柄や色で変化をつける事で、白シャツの清楚な雰囲気が際立ちます。」

名品 12

女らしくもあり、ラフに着られる

「コットンレーススカート」

「1点投入するだけで、ドラマティックに決まるこのレーススカート。マットな質感で甘くなりすぎず、カジュアルなTシャツとも好相性。レースアイテムが苦手という人にも、取り入れやすい素材だと思います。また、贅沢に揺れる裾のフレアが、エレガントに見せてくれるので、さりげなく女らしさを加えたい時にも◎。ここで合わせたように、マニッシュなジャケットを羽織ってもかっちりし過ぎることなく女らしく纏まります。」

「腰回りを程よくフィットさせたIラインに、膝下から裾にかけてボリュームを持たせたマーメイド型は、脚長効果も期待できる美シルエット。裾にマチを入れ、躍動感のあるフレアデザインに仕立てました。足さばきが良いので、ロング丈が苦手という人にもおすすめ。少しハリのあるコットンレースは、ラフなアイテムと合わせてカジュアルダウンさせても、きれいめに着られます。今回は、ジャケットを合わせて大人要素を強めに仕上げましたが、足元をスニーカーにしてラフに着崩すのも良いですね。」

[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY] /
Styling : Chisato Takagi /
Videography : Tomoyuki Koja [PEACE MONKEY]
Styling : Chisato Takagi /
Hair & Make-up : Kokoro Yusa [PEACE MONKEY] /
Composition & Text : Miyuki Matsui