Enjoy your style!

“高揚感を運ぶ服”

― プレス三谷麗子が着るアーリースプリングの20Looks ―

vol.5

まだ寒い日は続くけれど、軽やかな春はすぐそこ。
新しい季節に、手にしたいのはどんな服?
答えは――、気持ちがときめく服が着たい!
毎日クローゼットを開けるのが楽しみになったり、
周りから素敵だねって褒めてもらえたり……。
FRAY I.Dがこの春提案するのは、
そんな心弾むワードローブ。

Look 17

1枚で何通りにも。
自分らしい個性を磨く洗練ブラウス

たっぷりとした分量のとろみ素材を使い、動くたびにリッチなドレープが生まれるブラウス。しなやかに落ちるボウタイがきれいめな印象を宿す1枚だから、濡れたような質感のパンツでモードな風を。トップスの裾もあえてきちんと整えすぎず、気張らないムードがシャレ感を呼びます。

このブラウスは、1枚で何通りにも着こなせる汎用性の高さが魅力。ボウタイは前後、左右どこでも結ぶことができ、結び方でも印象が変わります。また、取り外しができるため、シンプルなハイネックブラウスとして使えたり、ボウタイをウエストベルトにしてシルエットアレンジすることも。“自分の色”で楽しみ尽くせる、だから着るたびに高揚感が高まるんです。

このブラウスは、1枚で何通りにも着こなせる汎用性の高さが魅力。ボウタイは前後、左右どこでも結ぶことができ、結び方でも印象が変わります。また、取り外しができるため、シンプルなハイネックブラウスとして使えたり、ボウタイをウエストベルトにしてシルエットアレンジすることも。“自分の色”で楽しみ尽くせる、だから着るたびに高揚感が高まるんです。

Look 18

ムードたっぷりの色と光沢で叶える
大人のニューフェミニン

忙しい毎日のなかでのコーディネートは、手間をかけずワンツーで素敵に見えたら嬉しい。それを叶えてくれるのが、このニットとプリーツスカートの組み合わせです。さりげなくアクセントになるボウタイ付きの半袖ニットに独特の光沢を放つプリーツスカートが華やぎを添えます。動くたび表情が変化する色と光沢が視線をとらえ、遠目でも印象的なひとに。ニュアンスたっぷりのモカカラーを選んだのもポイント。品もよく、大人の余裕が漂います。

落ち感と繊細な光沢を帯びた半袖ニットは、女らしさと凛とした空気感を併せ持った1枚。だからこそ、今回のようにスカートを合わせてもいいし、もちろんパンツとも相性抜群。ジャケットのなかに入れてもとても合わせやすいんです。細身のボウタイや襟元のギャザー、エアリーな袖、絶妙なハイネックなど細部にまで工夫を凝らし、上半身の“映え力”は高いのが優秀!

Look 19

今季、袖コンは
大胆に楽しんだもの勝ち。
パンツで締めて大人っぽく

ここ数シーズン人気が続くデザイナブルな袖コントップス。ニューノーマルが定着して上半身のおしゃれがキーワードになった今年、よりドラマチックに進化しています。このトップスは、ふっくら立体的なバルーンスリーブが絶大なインパクト。この大げさなくらいのボリュームが、甘いディテールをモードに引っ張ってくれるんです。さらに、クリーンな白のツヤ感パンツでダメ押しを。

袖はハリのあるタイプライター素材、身頃は程よくフィットするジャージー素材と、異素材を掛け合わせています。それによって、袖の存在感がグッと際立つんです。主役はあくまで袖。だから身頃は極シンプル、さらにヘアもミニマルにまとめてシャープに。そのバランスが、大人心にフィットします。

Look 20

ノスタルジックな小花柄ワンピを
モノトーンでモダンに

春本番、フワッと空気をはらむワンピースの出番。おすすめは、すっきりとしたカシュクール開きに共地のくるみボタンがアクセントになった小花柄ワンピ。どこかヴィンテージの香りがして、サラッと着るだけでこなれて見えます。それをさらに今っぽくあか抜けさせるなら、モダンに映えるカラーレスで。足元を強めな黒レザーサンダルにしたのも、その狙いがあったから。

トルコのファブリックメーカー「IPERKER」社でプリントしたオリジナルのレーヨン素材は、優雅な揺れ感も魅力。ウエストにぐるっとシャーリングが施されているので、自然と女性らしいメリハリのあるシルエットが生まれます。ギャザースリーブがふんわりと二の腕をおおい華奢に見えるのも特徴。ワンピース1枚で過ごすこれからの季節、スタイルアップできることも欠かせないポイントのひとつです。

ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY]
/ Videography : Tsutomu Shiroki [PEACE MONKEY]
/ Styling : Chisato Takagi
Hair & Make-up : KIKKU
/ Composition & Text : Yoko Enomoto