肌寒い時期の主役になる“ニット”は、どんなポイントで選べばいい?
これから選ぶべきは、『着回し力』と『こなれ感』。
手持ちのアイテムに一枚加えるだけで、様々なスタイルを楽しめて、サマになる。そんな優秀ニットを厳選しました。
合わせるアイテムごとに表情が変わるニットを、神山まりあさんが素敵に着こなしてくれました。

ITEM 1

「レーストリムラクーンニット」

毛が抜けにくく、保温性に優れた柔らかな着心地が魅力のラクーンニット。
同色染めで濃淡をつけたレースを肩にあしらい、上品さをプラス。
ゆったりとしたシルエットが肩のラインをスッキリと見せてくれるので、華奢見え効果もあります。
大きめに開いた背中の肌見せが大人の色っぽさを演出。
スカートスタイルもパンツスタイルも、センシュアルな雰囲気をまとうことができます。

映画やお買い物などの
       カジュアルなデートに
時間がない朝もすぐ決まる、
       あったかお仕事スタイル

- Style 2 -

ハイウエストパンツにニットをインしてスタイルアップ。
タック入りのキレイめパンツを選べばオフィス使いにも。

ITEM 2

「ラクーンドルマンワンピース」

長めに作られたリブ編みの袖がこなれたな印象の一着。
ドルマンスリーブだから気になる二の腕をしっかりカバーできます。
裾に入ったサイドスリットのおかげで、足さばきもよく、ボトムレイヤードも楽しみやすい。
ボートネックとVネックで仕立て、どちらをフロントにしても着られる2WAY仕様。
素肌に触れてもチクチクしにくいラクーン素材だから、いつでも快適に過ごすことができます。

- Style 1 -

一枚で着る時は、ベルトでウエストマークをしてアクセントをプラス。
メリハリがついてスタイルアップも。
快適さに加え、垢抜け感がある雰囲気に仕上がります。

- Style 2 -

買い物など歩き疲れる日は、
動きやすいレギンス合わせでリラックスムードを高めて。
ヘルシーな淡色カラーのワントーンで仕上げれば、こなれ感アップ。

ショッピングデーは、
         〝動きやすさ〟と〝こなれ感〟

ITEM 3

「バック紐ケーブルプルオーバー」

しっかりした編み地がクラス感のあるこちらのニットは、上質なウール100%の糸を使用。
肉厚の素材が身体のラインを拾わないので、細見えを叶えます。
丈は前後差をつけて、ヒップラインをカバー。背中はべっ甲調のバックルを使ったベルトデザイン。
モードな印象と大胆な肌見せが、大人の色香をプラスします。
こなれ感と体型カバーを兼ね備えた無敵ニットです。

彼とゆったり過ごす、
       カフェ巡りデートに

- Style 1 -

カジュアルなニットにティアードスカートを合わせてフェミニンに。
厚手のニットに合わせるスカートは、
スタイルに抜け感をプラスしてくれるふわりと揺れる素材がベター。

- Style 2 -

しっかりとした重みのある編み地のニットには、
あえてキレイめパンツを合わせて大人っぽく。
カジュアルなニットも“きちんと感”のある印象に仕上がります。

PROFILE

神山まりあ

1987年 生まれ。
2011年にミス・ユニバース・ジャパングランプリを獲得。
2015年に結婚、2016年に男児出産。
ファッション誌、テレビ、ラジオ、イベントなどで活躍。
飾らない明るいキャラクターが魅力で、Instagram
(@mariakamiyama)も人気。
自身の育児や妊娠期を綴った初の著書「神山まりあのガハハ
育児語録」(光文社)も好評発売中。

[STAFF]
Model : Maria Kamiyama [iDea] / Photography : Gen Saito [ACUSYU] / Styling : Saori Utsumi
Hair & Make-up : TOMIE [nude.] / Text : Yuko Fujimoto [WHITE AGENCY]
[STAFF]
Model : Maria Kamiyama [iDea]
Photography : Gen Saito [ACUSYU]
Styling : Saori Utsumi
Hair & Make-up : TOMIE [nude.]
Text : Yuko Fujimoto [WHITE AGENCY]

ARCHIVE