SPRING’S RECOMMEND ITEM 迷わず買いたいFRAY I.Dの“人気アイテム”SPRING’S RECOMMEND ITEM 迷わず買いたいFRAY I.Dの“人気アイテム”

春服が出揃った今、たくさんある中で何を着ればいいの?
そんなお悩みを解決するのが、“人気が高い”アイテム。
先まで見越して使える着回し力や着映えするものまで、人気の理由と共にご紹介します。

人気の理由

着るだけで人と差がつく
デザイン

少し厚みのある生地で立体感をもたせた、ビスチェ風のトップス。
歩くたびに揺れるボリュームのあるチュールが、
ドラマティックな雰囲気のスカート。
異なる素材で仕立てた上下をワントーンで組み合わせて、
洗練度を高めたワンピースです。
合わせるジャケットや小物をアイボリーで纏めて色数を抑えることで、
垢抜け感がさらに高まります。

少し厚みのある生地で立体感をもたせた、ビスチェ風のトップス。歩くたびに揺れるボリュームのあるチュールが、ドラマティックな雰囲気のスカート。異なる素材で仕立てた上下をワントーンで組み合わせて、洗練度を高めたワンピースです。合わせるジャケットや小物をアイボリーで纏めて色数を抑えることで、垢抜け感がさらに高まります。

人気の理由

いつでも好印象にいられる
ヘルシーな肌見せ

顔周りを華やかにする大振りなラッフルが特徴のブラウス。
デコルテと首回りを直線的に見せることで、
華奢見えが叶うスクエアネックを採用しました。
オープンショルダーの夏らしい肌見せも、
肩のフリルとプリーツのデザインで、清楚な印象に。
ワイドパンツを合わせると甘さが調和され、
モードな雰囲気に仕上がります。

顔周りを華やかにする大振りなラッフルが特徴のブラウス。デコルテと首回りを直線的に見せることで、華奢見えが叶うスクエアネックを採用しました。オープンショルダーの夏らしい肌見せも、肩のフリルとプリーツのデザインで、清楚な印象に。ワイドパンツを合わせると甘さが調和され、モードな雰囲気に仕上がります。

人気の理由

色っぽさと
リラックス気分になる着心地

歩くたびに風をはらむ軽やかな着心地が、
リラクシーに着られるワンピース。
色っぽい抜け感を出すカシュクールデザインのV開き。
大人に似合う、くすみを効かせたシックなカラーのリーフ柄。
サラッと1枚で着るだけで、こなれた印象に仕上がります。
旅先など、リラックス気分を味わえて、
洒落た雰囲気も出したい時にオススメ。

歩くたびに風をはらむ軽やかな着心地が、リラクシーに着られるワンピース。色っぽい抜け感を出すカシュクールデザインのV開き。大人に似合う、くすみを効かせたシックなカラーのリーフ柄。サラッと1枚で着るだけで、こなれた印象に仕上がります。旅先など、リラックス気分を味わえて、洒落た雰囲気も出したい時にオススメ。

人気の理由

日常着からドレスアップまで
着回し自在

胸元で交差するデザインが特徴のカシュクールワンピース。
絶妙な光沢感が高見えするツヤ素材を採用したので、
幅広いシーンで活躍してくれます。
首元は、顔周りをシャープな印象にするVライン。
ウエストのリボンを結んでメリハリをつければ、スタイルアップに。
前開きにして、ガウンのように羽織ったスタイルを
楽しめるのも嬉しいところ。

胸元で交差するデザインが特徴のカシュクールワンピース。絶妙な光沢感が高見えするツヤ素材を採用したので、幅広いシーンで活躍してくれます。首元は、顔周りをシャープな印象にするVライン。ウエストのリボンを結んでメリハリをつければ、スタイルアップに。前開きにして、ガウンのように羽織ったスタイルを楽しめるのも嬉しいところ。

人気の理由

楽ちんなのに
美人見えが叶うシルエット

たっぷりとギャザーを寄せたティアードスカートが
エレガントなワンピース。
アクセントになる配色テープをあしらい、
モードな雰囲気をプラスしました。
トップスは、ニット素材で程よくフィットさせて、上半身を華奢見えに。
さらに、高めのウエスト位置が脚長効果も。
コートは、配色テープの色と統一させて。垢抜け感がグッと増します。

たっぷりとギャザーを寄せたティアードスカートがエレガントなワンピース。アクセントになる配色テープをあしらい、モードな雰囲気をプラスしました。トップスは、ニット素材で程よくフィットさせて、上半身を華奢見えに。さらに、高めのウエスト位置が脚長効果も。コートは、配色テープの色と統一させて。垢抜け感がグッと増します。

ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Yusuke Raika [aosora]/
Styling : Erina Kawase/
Hair & Make-up : Tomomi Fukuchi/
Model :Victoria L. [STAGE]/
Text : Yuko Fujimoto [WHITE AGENCY]

ARCHIVE