神崎恵の今――。 醸すのは“自然体の女らしさ” 神崎恵の今――。 醸すのは“自然体の女らしさ”

忙しない日々のなかで、
美しさを更新し続ける美容家の神崎恵さん。
溢れかえるものや情報に惑わされがちな今、
ルックス、ファッション、立ち振る舞いに至るまで、
どうしてそんなにも自然体でいられるのか――。
誰もが理想とする芯の通ったしなやかさのわけを、
神崎さん自身の言葉から紐解く
短期ファッション連載がスタート。

This articles KEY WORDS

スカートが好き。特にロング丈。

豊かな表現力を楽しんでいます

ワンピースも含め、
女性ならではのスカートにはやっぱり心惹かれます。
スカートは断然、体のカーブを拾うデザインが定番。
一方、夏のワンピースは服のなかで
体が自由に泳ぐものが心地いいし、
逆にそのゆるさが色っぽく映ったりもします。
女っぽさは、体のラインを見せる、
見せないにかかわらず楽しめるんですよね。
要はメリハリ。女らしさに正解はないと思います。

#02
Long Dress & Skirt

ピックアップしたのは、
空気をはらむ揺れ感ワンピースと
スレンダーなレースアップスカート。
今の神崎さんが魅せる2つの顔、2つの女らしさ。

繊細な生地と色のベールに包まれて
柔らかな女性らしさを楽しみます

このワンピースは、体のラインをまったく拾わないのにちゃんと女らしい。
揺れ感だったり生地の風合いだったり、ボリュームだったり、
とても計算されているんだろうな、と思いを馳せずにはいられないほど。
本当にワンシーン、ワンシーンがきれいで、
街中で着ている人がいたら、思わず目で追ってしまうと思います。

なんとも言い切れない色あいも素敵。
ニュアンスカラーが醸すムードは肌が柔らかく見えて、
女性の美しさを引き立ててくれると思います。
それに加え、こういう色を着ると、マインドや表情までほぐれていく。
全方位から優しい気持ちになれるワンピースだと実感しています。

縦のラインを強調して
どこかクールに装うスカートも好き

ウエストラインがきれいなほど、女性は美しく見えます。
このスカートは、着てすぐにそれを叶えてくれる1枚だと感じました。
ヒップに高さがない日本人は、後ろ姿がどうしても平面的になりがち。
前から見たときはもちろんのこと、後ろ姿まで抜け目がありません。

夏に着るジャカード素材も新鮮。
独特の張り感と手の込んだ織りがいい意味で重厚だから、
スタイルに上質さがでますよね。
フワッと揺れるスカートとはまた違ったかっこよさがあります。
それを軽やかな透け感のノースリーブトップスに合わせると、
それぞれのよさが引き立ってより印象的に。

Profile

神崎 恵(かんざきめぐみ)
1975年生まれ。人気美容家であり、3人の息子の母。
美容誌をはじめ、幅広い世代の女性誌に連載をもち、
イベント出演や美容アイテムのプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。
公式Instagram( @megumi_kanzaki )で更新されるライフスタイルやファッションの注目度も高く、美容家という枠を超えて活躍中。
「神崎CARE」(ワニブックス)、「服が似合う顔が欲しい」(大和書房)など、著書も多数。

ALL ITEMS

[STAFF]
Model : Megumi Kanzaki
/ Photography : Masaya Tanaka [TRON]
/ Styling : Kei Shirahata [LOVABLE]
Hair & Make-up : Ai Inuki [AGEE]
/ Edit & Text : Yoko Enomoto [TENT]

ARCHIVE