目新しいものが出始め、気分も変わるこの時期。
着方や取り入れるものが変わるから、
それぞれをどう着るのかも大事。
それは、ただ身にまとうだけではなく、
アイテムの特徴や組み合わせを意識して
スタイルの鮮度を上げること。
着るたびに新鮮な気持ちになれて、
秋の季節も長くコーディネートを楽しめます。
そのヒントを、プレスの阿部友里那が
4回にわたってご紹介します。

vol vol ttl ttl

アイテムの特性を活かすことで、
小物やアクセサリーに頼らずとも
バランスの取れたスタイルが完成します。
安定感のある組み合わせに個性を取り入れたり、
定番アイテムの着方に変化をつけたり、
ディテールで遊ぶくらいが高感度。

「女っぽいのにスタイリッシュ」

「女っぽいのにスタイリッシュ」

デコルテを綺麗に見せるスクエアネックがセンシュアルなニットは、
レザー見えのスカートで程よいスパイスを投入。
裏地にチュールを仕込んだふんわりと広がるフレア裾が、
強くなりすぎずドラマティック。
共布のウエストリボンは後ろでアレンジ。
前から見たクールな印象と違った姿に、
かえって色っぽさが引き立ちます。

sep

「甘くならない大胆なリボン使い」

「甘くならない大胆なリボン使い」

カシュクールブラウス+きれいめパンツの好感度の高いスタイル。
ミックスツイード素材で仕立てたブラウスは、
共布のウエストベルトでリボンを作って。
少し大袈裟なくらい大きめに作る方が、
素材のまじめな印象を和らげ洗練されたスタイルに。
ウエストコンシャスで華奢見え効果も。
パンツのさらりとした履き心地の気軽さもこなれ感を後押ししてくれます。

sep

「大柄のスカートは
襟元のスカーフで視線を分散」

「大柄のスカートは
襟元のスカーフで視線を分散」

ビッグフラワーを線画で表現したアートなプリントスカートを主役にしたスタイリング。
主張はありつつ全体の調和がとれている理由は、襟元のスカーフにあり。
顔まわりの寂しさが解消され、スカートから視線をはずす効果を発揮。
ニットと同系色で統一感があるので、
ごく自然にインパクトのあるアイテムとの調整役になってくれます。
目立たせる役目以外にもワンポイントは時に必要。

sep

「アレンジを活用して
役割以上の効果に期待」

「アレンジを活用して
役割以上の効果に期待」

顔まわりをすっきり見せるV開きのニットカーディガン。
肩先に膨らみのあるパフスリーブとフィットした袖先の落差が構築的。
サラッと落ち感のあるツータックのハンサムパンツと合わせてモードな印象に。
ウエストリボンは、片結びでルーズに垂らしてオリジナリティを演出。
しっかりと存在感を示すことで、
単なるウエストベルトでは終わらず装飾として作用します。

sep

「立体感を飾りとして採用」

「立体感を飾りとして採用」

あれこれ付け足さなくても、
異なる凹凸を組み合わせるのも粋な着こなし。
品のあるハイネックに、
細かなスモッキング技法でタックを寄せたギャザーが、
趣ある表情へ誘導するワンピース。
1枚で完結させずに、ニットボレロを羽織って。
動きのあるケーブル編みのレースアップと白色のコントラストが、
さらに奥行きを深めたスタイルに。
特別なモノを加えなくても、曲線美が飾りとして成立します。

sep
ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Tsutomu Shiroki [PEACE MONKEY]
/ Stylist : Aika Fukushima [LOVABLE]
Hair & Make-up : KIKKU /
Text : Yuko Fujimoto [White Agency]

ARCHIVE