目新しいものが出始め、気分も変わるこの時期。
着方や取り入れるものが変わるから、
それぞれをどう着るのかも大事。
それは、ただ身にまとうだけではなく、
アイテムの特徴や組み合わせを意識して
スタイルの鮮度を上げること。
着るたびに新鮮な気持ちになれて、
秋の季節も長くコーディネートを楽しめます。
そのヒントを、プレスの阿部友里那が
4回にわたってご紹介します。

vol vol ttl ttl

ウエスト部分を引き締めると
バランスアップに繋がり、理想の姿に近付きます。
フェミニンなアイテムも大人っぽく着こなせたり、
体のラインを整えたり。
1つのポイントで着映えときれい見えが叶います。

「洒落見えする決め手はチェック柄」

「洒落見えする決め手はチェック柄」

落ち感のある柔らかなドレープと首に沿うギャザーハイネックが、
着るだけで華やかになるブラウス。
腰まわりがすっきりしたマーメイドシルエットを合わせて。
境界線が明確になり、よりディテールが引き立ちます。
クラシックなチェック柄が品を保ったままカジュアルダウンしてくれるので、
都会に馴染むきれいめコーデに完成。

sep

「柔らかさと品格のあるワンピース」

「柔らかさと品格のあるワンピース」

清潔感と知的なイメージの白色。全身にまとうことで、
スッと背筋が伸びるような緊張感が生まれ、
袖を通すだけで凛とした印象に仕上がります。
ふんわりとした袖と共布のクルミボタンの甘めなデザインも、
大人っぽい女性らしさに。
ウエストにあしらった細かなタックが、
ウエストラインをシャープに見せるのでスタイルアップも叶います。
足元は、引き締め効果のある黒ブーツで重厚感をプラスして。

sep

「日常をドレスアップする組み合わせ」

「日常をドレスアップする組み合わせ」

肩先の変形パフが特徴のニットプルオーバーと立体的なフォルムのフレアスカート。
ボリュームが上下に分散されることで、ウエストラインがすっきり見えるシルエットに。
カジュアルなニットも優雅に揺れるスカート裾のボリュームが手伝ってラグジュアリーな方向へ。
フロッキープリントで表現した抽象的なスカートの柄が洗練されたスタイルへ引き上げます。

sep

「シルエットで差がつくモノトーン」

「シルエットで差がつくモノトーン」

取り入れるだけでスタイルアップに貢献する強い味方は、
ワードローブにあると安心。
クロップド丈のニットは、目線を上に誘導するので腰下が長く見えます。
首元と袖にゆとりをもたせた心地よさも嬉しい。
ハイウエストが脚長効果を狙えるフレアスカートは、
トレンドのキルティングをジャガードで表現。
重たく見える黒も、軽やかなスカート裾の揺れ感がマイルドに。
シルエットが甘い分、インナーも白でなじませた
モノトーンで大人っぽくモードに仕上げて。

sep

「気楽にきれいになる
ニットワンピース」

「気楽にきれいになるニットワンピース」

品もあってラク。それを1枚で完結できるのがコンビニットワンピース。
身頃は、胸下に入れた切り替えから裾に向かってしなやかに広がるナローシルエット。
ドライタッチの糸を使用したさらりとした着心地です。
袖は、滑らかな風合いが気品を感じさせるオーガンジー素材。
肩に膨らみをもたせたパワーショルダーでニュアンスを加えました。
肩まわりを華奢に見せてくれるのも嬉しいポイント。

sep

「大人に似合うビックカラー」

「大人に似合うビックカラー」

今季のシャツワンピースは、ビックカラーが気分。
大きな襟が顔まわりに華を添えてくれるので、
着慣れたシャツワンピースも新鮮なルックに早変わり。
贅沢に広がるフレアなスカートは、ハリのある質感できちんと感を保持。
品のあるベージュもクラシカルなムードを後押し。
安定感のある素材と色を選べば、大胆なディテールも甘くならずに着こなせます。

sep
ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Tsutomu Shiroki [PEACE MONKEY]
/ Stylist : Aika Fukushima [LOVABLE]
Hair & Make-up : KIKKU /
Text : Yuko Fujimoto [White Agency]

ARCHIVE