目新しいものが出始め、気分も変わるこの時期。
着方や取り入れるものが変わるから、
それぞれをどう着るのかも大事。
それは、
ただ身にまとうだけではなく、
アイテムの特徴や組み合わせを意識してス
タイルの鮮度を上げること。
プレスの阿部友里那がそのヒントをご紹介する最終回。
着るたびに新鮮な気持ちで、秋本番を楽しんで。

vol vol ttl ttl

重ねたり、羽織ったり、
アイテムの数が増える秋冬ファッションは、
全体がぼやけないように
相対する色や素材をまとめ役として活用。
コーディネートに強弱がつくので奥行きが加わり、
より感度の高いルックに仕上がります。

「考えなくても調和がとれる
ロング&リーンのシルエット」

「考えなくても調和がとれる
ロング&リーンのシルエット」

単品使いもできるプルオーバーとスカートのセットアップ。
トップは、保温性と軽さに優れたラクーンニット。
長い着丈にシャープな抜け感をつくるスリット入り。
スカートは、裾をランダムに仕立ててニュアンスをつけました。
縦のラインが強調されてすっきり見える嬉しいセットです。
バッグは、ジャガード織のラージトートをチョイス。
全体のトーンを崩さず緑色がアクセントに。
リラクシーなのに洒落見えする装いに仕上がります。

sep

「安定の茶系ワントーンは
黒レザーで洗練度アップ」

「安定の茶系ワントーンは
黒レザーで洗練度アップ」

女っぽいカシュクールワンピースとハンサムジャケットを
ブラウンで統一したコーディネート。
マットなサテンの艶っぽさにウールの重厚感が加わってクラスアップ。
かっちりしすぎないように、サッシュベルトでウエストマークをして都会的に。
主張をおさえた柔らかなレザーなので、
品格を保ったままワントーンスタイルの締め役になってくれます。

sep

「コートを主役に
キレイ色で配色を楽しむ」

「コートを主役に
キレイ色で配色を楽しむ」

イタリアの有名ファブリックメーカーの生地を使用したリバーコート。
ガウンのようにラフに羽織っても、
上質な風合いが大人っぽさをしっかりキープしてくれるので
心地よくキレイ見えが叶います。
クールにまといたい日は、
タートルネックのニット×テーパードパンツのハンサムルックにオン。
パンツはベーシックカラーと合わせやすい
渋みのかかったピンク色がベター。
マイルドな配色のコントラストでメリハリをつくってくれます。

sep

「合わさることで魅力が増す
ワンピースとコート」

「合わさることで魅力が増す
ワンピースとコート」

鮮やかなブルーが引き立つ小花柄プリントのワンピース。
ブラウンベースで派手になりすぎず調和がとれるので、
コートを羽織る季節の差し色に最適。ドレッシーなアイテムは、
温もりのある白のリバーコートで親しみをプラスして。
リラックス感のあるノーカラーデザインが、
キレイなムードのままドレスダウンしてくれます。
ストレートシルエット同士だから、
肩の力を抜いてもきちんと感がでる万能なスタイル。

sep
ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Tsutomu Shiroki [PEACE MONKEY]
/ Stylist : Aika Fukushima [LOVABLE]
Hair & Make-up : KIKKU /
Text : Yuko Fujimoto [White Agency]

ARCHIVE