いつだって幸せそうに見える女性はそれだけで魅力的。
でも、毎日楽しいことしかない人なんていない。

女性として気分のあがるディテールの服を纏ったり
気の進まないことには解釈を
少しだけ変えて挑んでみたり…。

常に幸せオーラを纏う人はみんな、
自分の気持ちを引き上げるちょっとした工夫を
知っているような気がします。

そこで、どんな1日も楽しむ秘密を知るべく、
飾らないのにいつも幸せオーラ漂う滝沢眞規子さんに
様々なジャンルに及ぶ一問一答インタビューを決行。

女性として気分のあがるディテールを忘れない
FRAY I.Dが
14回に渡る連載で、
素敵に毎日を送る女性のヒントを探ります。

Q. 自分自身が小さいときは
どんな子どもだった?

A. 近所の公園をハシゴしていた子どもでした。
妹が好きすぎて可愛がりすぎていました。

Q. 10年前の自分にアドバイスするとしたらなんと声をかける?

A. 何事ももっと楽しめばいい。

Q. 自分だけの密かな愉しみは?

A. 仕事に車で行ける日は自分で運転していくこと。
朝のバタバタからほんの少し1人になれるのがたまらない。

Q. 今回のフィーチャーアイテムに
ついて感想を教えて!

A. 暑くなると服がカジュアルになってしまいがちだけど、
夏にだってきれいめにしたい日もある。
そんな時、涼しくてきちんとして見えるリネンが私の味方です。
これは襟もついていてお仕事にも使えそう。
中に半袖のTシャツを合わせればカジュアルダウンもできますね。

- Point -

デザインを限りなく削ぎ落とし、
からだのラインに優しく沿った
モードなシルエットが特徴的。
肌に優しくサラッと清涼感のある
リネン100%の生地を使用しているので
真夏も快適に過ごせる一枚です。
シンプルにワンピース一枚で楽しむことはもちろん、
前を開けジレとしてさらりと羽織り、
たなびかせながら颯爽と街を
闊歩するのもサマになります。

Q. 今回のフィーチャーアイテムに
ついて感想を教えて!

A. 暑くなると服がカジュアルになってしまいがちだけど、
夏にだってきれいめにしたい日もある。
そんな時、涼しくてきちんとして見えるリネンが私の味方です。
これは襟もついていてお仕事にも使えそう。
中に半袖のTシャツを合わせればカジュアルダウンもできますね。

タキマキ今週のお言葉



できる、できる、
たいしたことじゃない。
緊張している時に自分にかける言葉。



滝沢 眞規子

人気雑誌「VERY」のカバーモデルを経て、今年4月からは「VERY NAVY」のメインモデルに。
インスタグラム @makikotakizawa から伝わる丁寧な暮らし、スタイリッシュなファッション、毎日のお弁当に関心が集まる。お弁当のレシピや作り方などを紹介するYouTube「タキマキッチン」配信中。

[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY]
Styling : Kozue Anzai [COZ.inc]
Hair : Dai Michishita
Make-up : AIKO ONO [angle]
Composition & Text : Takako Shirasawa

ALL ITEMS

[STAFF]
Photography : Masaki Sone [PEACE MONKEY] Styling : Kozue Anzai [COZ.inc] Hair : Dai Michishita
Make-up : AIKO ONO [angle] Composition & Text : Takako Shirasawa